大田区で葬儀の形式を選んで故人を見送ることができた

落ち着いた葬儀にしたくて

大田区 葬儀トーサイセレモ

落ち着いた葬儀にしたくてトラブルのなく終えたスタッフのおかげで良い葬式になった

大田区葬儀では斎場を利用させてもらい、しっかりと故人を見送ることができました。
はじめて喪主を務めたのでわからないことばかりでしたがスタッフの方たちがフォローをしてくれたのでゆっくりと故人を家族と一緒に見送ることができてよかったです。
葬儀の形式もどうしようかと考えていたのですがはっきりと費用があまりないことを伝えてスタッフの方に相談したところ家族葬がいいのではないかということで家族葬に決まりました。
参列者を抑えることができるので費用をあまりかけることもなくなるし、家族でゆっくりと故人を見送る時間を持つことができるというのがいいと思いました。
家族にも伝えてそれがいいということになり、すぐに家族葬を執り行うことになりました。
葬儀をするときには形式を決めるだけではなく費用や喪主なども決めることになるということだったのですが、喪主は自分がすることになっていました。
ですので喪主以外の遺影についてや家族葬なのでどこまでの親戚に参列をしてもらうのかを考えることが大変でした。

大田区で母の葬儀を執り行いました

葬式おわた

— ば に ら (@Vanilla___924) 2018年8月17日

もう4年も前の話になってしまうのですが、夜中に倒れた母がそのまま返らぬ人になってしまいました。まったく予期していなかった家族の死に混乱していたのですが、葬儀は早く執り行わなくてはいけなかったので知り合いの伝手で葬儀社を紹介してもらい、そのときにお世話になったのが大田区にある会場だったという形です。
喪主を務めることなど初めてだったので分からないことだらけではありましたが、葬儀社のサポートもありお通夜も告別式も滞りなく済ませることができました。香典返しも自前の用意せず済むように葬儀社側が大量に用意してくれましたし、参列者の最寄駅からの誘導なども任せられたので大変助かりました。身内の不幸など無いほうがいいのは間違いありませんが、急な葬式が必要になったときでもこんな葬儀社があったら安心できるのだろうと感心するような仕事だったと言えます。
我が家は知り合いに紹介してもらったところを利用しましたが、大田区には結構な数の葬儀会社や会場があるようなので、急なお葬式のセッティングでも対応してもらえやすいと言えるでしょう。実際に我が家もほぼ当日にかなり大きめの会場を抑えましたが、即日で対応してもらえましたので興味があるようなら調べてみてください。